【寝取られ】ワールドカップの賭けで惨敗した妻の罰ゲーム【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は26歳で、スポーツ音痴なサラリーマンです。
妻も26歳で出産を前にして退職し子育て、専業主婦です。
妻は日本代表の香川選手がタイプだという理由のみで、Jリーグが何チームあるのかも知らないし、プロスポーツだというのも判ってないみたいで、サッカー大好き、日本代表のサポーターを名乗っています。
先のワールド杯での日本代表の成績は運動音痴、スポーツ音痴の私でも理解できる結果でしたが、日本代表のエースが目標は「優勝」なんて言ってしまったから、妻はすっかりその気でいました。
予選リーグなど楽勝に突破すると信じきっていたのです。
妻は、ワールド杯の日本代表戦を見る為に100インチの液晶テレビまで買ってしまいました。
で、当然のように我が家に友人らを集めて日本代表の応援をしようと呼び掛け、集まった15人のにわかサッカーファン。
彼らの大半はタダ酒が飲めることが参加しただけで、大画面で大勢で日本代表の健闘ぶりを見るのもオツかな・・・くらいの盛り下がりでした。
しかし、妻は強いニッポンを信じて疑わず
「ニッポン!ニッポン!」
を繰り返し叫び続けました。
「ニッポンは勝てる。この試合は勝ち点3を貰う為にある試合だから」
とコートジボワールを小馬鹿にした発言が目立ち冷ややかな視線を浴びても気付かず・・・、そんな時に本田の強烈なシュートが決まって妻は有頂天。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ