【職場】バイブとか色々入れてたバッグを置き忘れた結果【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私のバッグの中にいた「小さな妖精」。
毎年、慰労会を兼ねて会社の創立記念式典が泊まり込みで開催されます。
創立記念日は会社が完全休日となりますので、否応なしに前日の夜に近くの温泉郷にあるリゾートホテルに行きます。
費用は全額会社持ちで、翌日の創立記念日は会社指示の休暇なので「有給」となりました。
そうしないと工場など二交代勤務の社員なども参加できないので、個人商店が有限会社を経て株式会社に組織変更した時から、こういうシステムになったのです。
元々が個人商店なので創立者一族が力を持っていて、全員参加を強制させていたのです。
強制参加とは言うものの、前年末に翌年の行事やスケジュールを書き込んだ社内カレンダーも全社員に配布されてましたし、新卒社員や中途入社した社員にも新入社員教育で告知しているから、参加が無理ということもなく、社員も楽しみにしていました。
私は短大を卒業して入社3年目のOLです。
良くも悪くも会社にも慣れた頃でした。
私もようやく将来を共に考えてもいいかな~って思える男子と出会い、青春を謳歌していた(悪く言うと、ヤリまくっていた)頃でした。
その年は創立記念日が土曜日で金曜日の夕方からホテルに入り、式典から宴会という流れでした。
式典と言っても創立者一族が会長職の祖母ちゃん、社長の次男、専務の三男が短い感謝の言葉と長い創立の苦労を述べた後、そのまま宴会に入って行きます。
私は金曜日の夜に彼氏に会えなくなるので、木曜日に彼氏のアパートに泊まり、そのまま出社していました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【人妻】続妻の不覚【実話告白】

妻が野良小屋で、巨根に犯され夫の私に内緒で密会、相方の奥さんに見透かされて
後をつけられて、成り行きで夫婦交換まで、発展した夫です。
あれから、妻のマンコがゆるくて、夫婦はご無沙汰です。
妻が相方の巨根と遭う日には、私も負けじと奥さんを誘いラブホで、あらゆるテクを
駆使。超熟の奥さんにノータイムで3回戦は逝かし続けます。
友達にバツ1の好き者がいます。奥様を説得して、3人でホテルにしけ込みました。
超熟の性欲は底がありませんね!友の何に突かれながら、我が息子を口に咥えて
友が果てると入れ替わりお代わりで最後には、マンコとアナルの2本差しまでもウケ
いれて大満足の1日でした。
妻も巨根さんとも旨くやっている様子でまあいいか!焼け気味ですが夫の嫉妬醜いですか?

実話告白体験談関連タグ

|||

2014年4月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【職場】とりあえず「ヤラせろ」と頼みまくってみた【実話告白】

〈某掲示板に連載ものっぽく書いてあるのを転載しました。
 作者以外のレスは全部消し、小見出しは転載者が勝手に編集しました〉

もう何年も前のこと。
とある試験に無事合格したんで、2年ほど勤めた中小企業をオサラバした。
給料安いし先行き不安だったんで、取り立てて未練はない。
…はずだったが、退職を前に一つだけ心残りが生まれた。

その職場、パートや派遣を入れたら3分の1くらいは女だったんだ。
もちろん、美人とブサとその中間の混成部隊だけどな。
手をつけないまま職場を離れるのはもったいねえ…。

そこで思いついた。女子社員に片っ端から「エチーさせて」とお願いしたら、
どれだけ応じてくれるか?調べてみることにしたわけ。
若気の至りっつうか、我ながらアホなこと考えたと思う。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【温泉・混浴】美巨乳 超熟人妻と【実話告白】

夏休みに東北に一人旅に行ってきました。
そこであった美味しい話を書きます。

俺は東北の混浴温泉旅館に1泊した。
宿に到着してすぐに混浴風呂へ行った。女の裸でも拝めればいいなと期待していたが、風呂にいたのはしなびたジジババばかり。
夕食前にもう一度、もうあまり期待せずに風呂に行った。
やっぱりジジババばかり。あきらめて湯船につかっていたら、浴衣を着た60代くらいの夫婦が露天風呂を見に来た。
奥さんはちょっとかわいい顔をしたおば(あ)ちゃん。
風呂にいるほかのババアたちよりは、はるかにイケテル。
風呂に入って欲しいなと期待していたら、二人脱衣所に入った。
しばらくして、奥さんが脱衣所から風呂場に出てきた。
小さなタオル一枚で前を隠しているが、大きなおっぱいが隠しきれず見える。少し垂れているが、年齢の割りにハリがある乳房、淡いピンクの乳首がソソル。
 そんなに大きな露天風呂でなかったので、湯船の中で、その夫婦と談笑した。
 夫婦はともに66歳と言っていた。俺と同じ年の息子31歳がいるとも。
 湯船の中では小さなタオルをはずしていたので、透明な湯を通して、オッパイをじっくり見させてもらった。薄めの陰毛も湯に揺らめいていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【フェラチオ】ヤマザキの『超芳醇』とパスコの『超熟』どっちがいいの? 【実話告白】

ヤマザキの『超芳醇』とパスコの『超熟』どっちがオススメですか?
その理由もお願いしますm(._.)m

ベストアンサーに選ばれた回答

nullstrings27さん

パスコの「超熟」が絶対おススメです。よけいな添加物を使っていない。

基本的に、リーンなパンは小麦粉・パン酵母・食塩だけで作れます。食パンなどのリッチなパンは、加えてバター(マーガリン)や砂糖など。安い原材料を使って低コストで効率よく大量生産しようとすると、必然的によけいな添加物を使わなければならなくなる。
原材料表示を確かめて、できるだけシンプルなものを買うようにしています。

■パスコ「超熟」
小麦粉、砂糖、マーガリン、パン酵母、食塩、バター、米粉、(原材料の一部に小麦、乳成分を含む)

実話告白体験談関連タグ

|

2014年1月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【風俗】パスコの「超熟」もびっくり! 【実話告白】

「超熟女」売春派遣で逮捕、3・2億円売り上げ
読売新聞-2013年06月26日13:21

 高齢女性に売春をさせていたとして、警視庁は26日、東京都豊島区高田、風俗店経営諏訪和子(63)、同店従業員雨宮晴男(57)の両容疑者を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕したと発表した。

 同庁幹部によると、2人は24日午後2時頃、東京都台東区根岸のホテルに女性従業員(64)を派遣し、都内の自営業男性(82)に売春相手として紹介した疑い。容疑を認め、「高齢男性の客が多かった」と供述している。

 諏訪容疑者らは「超熟女専門店」と称し、夕刊紙などで客を募集。73〜46歳の女性16人を派遣し、2001年3月以降、計約3億2000万円を売り上げていた。女性らの中には国民年金を受給しながら売春していた人もいたという。

出典: 
リンク: 

実話告白体験談関連タグ

|

2013年9月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【近親相姦】母親とのセックス 【実話告白】

278名前:えっちな18禁さん投稿日:2009/02/09(月)05:50:00
昔の話(昭和26年)だが、お袋(42歳)が私(小2)と兄を連れて離婚前提で親父と
別居し、お袋の実家にいきました。お袋とは小6まで一つ布団で一緒に寝ていました。
寝る時はお袋は「こうすると温かいから」と言って必ずお袋の両脚の間に私の両脚を
挟んで寝てました。お袋は寝る時は腰巻に寝巻きでズロースはつけずに寝てました。
私の両脚にお袋の陰毛が触るのですが、当時は純真無垢の子供でしたからなんとも思
わず本当に温かく、お袋に抱かれて寝ていました。
小5位の時でしょうか、下半身に違和感(快感)を覚え目が覚めましたが寝たふりを続
けました。そのごたびたび同じことがあり、ある晩とうとう耐え切れずお袋にしがみつ
いてしまいました。

279名前:えっちな18禁さん投稿日:2009/02/09(月)06:08:26
私が目覚めたことに気がついたお袋は「シーッ」と言い、それまでしごいていたチンチン
の手の動きを早めました。とうとう耐え切れずお袋の手の中へ射精してしまいました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年7月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【風俗】超熟女系潜入取材 【実話告白】

突撃風俗取材!今回のお題とは、、?

こんにちは、風太郎と申します。
風俗ライターとして今年で11年、普通の仕事では味わえない体験を数多くしてきました。
人によっては“風俗ライターって取材費で抜けるんでしょ?”と羨ましがられたりしますが、現実はそこまで甘くありません……。

今日は「超熟女系潜入取材」の話でも……。

ある日私の元に編集者さんからある“潜入依頼”が舞い込みました。

「今回三行広告特集しようと思うんだけど、熟女系行ってもらえますか?」

三行広告といって今の人はわかるのか不安ですが、スポーツ紙などに料金やお店のウリ、電話番号などを三行で掲載する今で言えばネットの掲示板みたいな広告なんですね。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年7月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【温泉・混浴】美巨乳 超熟人妻と 【実話告白】

夏休みに東北に一人旅に行ってきました。
そこであった美味しい話を書きます。

俺は東北の混浴温泉旅館に1泊した。
宿に到着してすぐに混浴風呂へ行った。女の裸でも拝めればいいなと期待していたが、風呂にいたのはしなびたジジババばかり。
夕食前にもう一度、もうあまり期待せずに風呂に行った。
やっぱりジジババばかり。あきらめて湯船につかっていたら、浴衣を着た60代くらいの夫婦が露天風呂を見に来た。
奥さんはちょっとかわいい顔をしたおば(あ)ちゃん。
風呂にいるほかのババアたちよりは、はるかにイケテル。
風呂に入って欲しいなと期待していたら、二人脱衣所に入った。
しばらくして、奥さんが脱衣所から風呂場に出てきた。
小さなタオル一枚で前を隠しているが、大きなおっぱいが隠しきれず見える。少し垂れているが、年齢の割りにハリがある乳房、淡いピンクの乳首がソソル。
 そんなに大きな露天風呂でなかったので、湯船の中で、その夫婦と談笑した。
 夫婦はともに66歳と言っていた。俺と同じ年の息子31歳がいるとも。
 湯船の中では小さなタオルをはずしていたので、透明な湯を通して、オッパイをじっくり見させてもらった。薄めの陰毛も湯に揺らめいていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年6月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【職場】とりあえず「ヤラせろ」と頼みまくってみた 【実話告白】

〈某掲示板に連載ものっぽく書いてあるのを転載しました。
 作者以外のレスは全部消し、小見出しは転載者が勝手に編集しました〉

もう何年も前のこと。
とある試験に無事合格したんで、2年ほど勤めた中小企業をオサラバした。
給料安いし先行き不安だったんで、取り立てて未練はない。
…はずだったが、退職を前に一つだけ心残りが生まれた。

その職場、パートや派遣を入れたら3分の1くらいは女だったんだ。
もちろん、美人とブサとその中間の混成部隊だけどな。
手をつけないまま職場を離れるのはもったいねえ…。

そこで思いついた。女子社員に片っ端から「エチーさせて」とお願いしたら、
どれだけ応じてくれるか?調べてみることにしたわけ。
若気の至りっつうか、我ながらアホなこと考えたと思う。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年6月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ