【フェラチオ】出会い系で「会ってから本当の歳を教えるよ!」って書き込みがあった【実話告白】

大阪府/名無しさん(30代)からの投稿
—-
妻と離婚してから半年。
幸いに子供は出来なかったので、久しぶりの独身生活を満喫していました。
しかしまだ34歳、性欲の処理が課題でした。
オナニーばかりも飽きてきて、一度出会い系サイトに挑戦してみようと思い大手のサイトに登録、早速書き込みを見てみました。
夜も更けた0時過ぎ、その中に気になる書き込みが・・・。
「本当の年齢、会ってから教えるよ!」
登録は18~19歳になってるし、大手のサイトだったので年齢認証もあるだろから
「まぁ18~19でも十分若い!」
と思い返信しました。
10分程してメールがあり条件と待ち合わせ場所が書いてあり
「車内がいい」
と刺激的な返信でした。
車で30分程の少し田舎な駅での待ち合わせで、正直すっぽかされたら虚しくなるような場所に到着し、車の色とナンバーを送ると

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】フットサル仲間であるおじさんのエッチな嫁さんと初対面で…【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺Tが17歳、人妻さんSが27歳の時の話。
高校卒業までサッカーをやっていた俺は、地元のフットサルチームでもボールを蹴っていた。
そこそこ動けたのでおじさん達にもチヤホヤされ、若い人達とも仲良くなっていた。
そのフットサルチームにMさんという35歳の男性がいた。
俺と話がよく合い、技術的な話や妻のSさんの話など色々な話をしてくれた。
ある日、Mさんに家に来いと呼ばれ夜の19時にお邪魔をしたが、綺麗な外観の洋風の家に、中もいい香りで綺麗だった。
そこにいたのはMさんの妻のSさん。
その時が初対面で、ぎこちない俺の会話にも可愛らしい笑顔でうんうんと答えてくれた。
ただ困ったことに、視線の行き場所がなかった。
Sさんの格好はかなり短いスカートにタンクトップでラフすぎる。
下着はチラチラ見えるし、屈むと乳首が見えそうで見えない。俺は常時フルボッキだったw
身長は160cmくらいで細身のグラマーっぽいSさん。
何でこんな綺麗な人がMさんのようなおじさんと結婚したのだろうか、そんな失礼な考えが浮かんだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【高校生】バイト先の、彼女持ちの大学4回生の人を好きになっちゃった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
これは高校2年生の時のお話。
バイト先で好きな人がいたんですよ。
彼は大学4回生で、同じバイト先に彼女がいました。
私は、ただ想っているだけでいいやと思ってたんですけど、勉強を見てもらったり2人で遊びに行ったりしているうちに、もっと好きになってしまいました。
彼が就職でバイトを辞める事になったので、私は思い切って初めて自分からご飯に誘いました。
その時まで、勉強の事以外で自分から誘い出すのは彼女に申し訳ないから控えていたのですが、彼は快くOKをしてくれました。
その日はいつもと違い、ちょっと大人なところでお酒なんか飲んでテンションも上がっていたんですかね、いつもなら言えないような事でも言える気がして・・・車の中で、
私「お願いがあるんですけど・・・」
彼「何や??」
私「・・・・・・いや、やっぱりいいです」
彼「言ってみ」
私「思い出がほしくて・・・キスしてください」
私はあっ、言ってしまった・・・引かれちゃうかなとびくびくしました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【フェラチオ】出会い系の人妻を騙して車内でフェラさせた【実話告白】

ひろさん(40代)からの投稿
—-
いつも外回り営業だからコンビニ駐車場で食事をしてる。
今日は遠方に行き、初めて了解するコンビニの駐車場で寂しく弁当食べていたら隣にスー・・・と一台の軽自動車が入ってきた。
車を停めても持ち主の男はなかなか降りずにずっと携帯をいじっていた。
そして周りをキョロキョロと見渡しながらまた携帯を再度いじっていた。
台風の影響で風も強いのに窓が全開なんでしばらく気になって注目していた。
約10分後、一人の女(痩せ体型で40前後人妻?)が男に挨拶をして助手席に座った。
美人だな・・・と考えながら見ていたが雰囲気からして初めて会ったような感じだった。
・・・間違いない!きっと出会い系のサイトの女だ!俺は確信した!
というのも、俺もたまに某サイトを利用しているからだ。
いわゆる同じ匂いってやつ・・・面白そうだし時間あるから様子を見る事にした。
しばらく経つと男はスモーク貼った後部座席に行き、女も後部座席へ移動した。
この時点でやっと開けてあった窓を閉めたので俺は興奮した。
だいたい車内での割り切りはF(フェラ)が定番だからそんなに時間かからないだろう・・・と待っていた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】深夜の高速バスで新垣結衣に似た子のおっぱいを揉みまくった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
用事で深夜高速バスに乗った時の話です。
私の前の席に黒のワンピースに膝までのタイツを履いた、小柄な女性が座りました。
見た目は黒に近い茶髪で新垣結衣に少し似た、25才前後のとても可愛いらしい女性でした。
深夜、周りが寝ていることを確認して、結衣(と呼称)の様子を見ると、腰までブランケットをかけて正面を向いて眠っていました。
まず席の上から手を伸ばし、胸元のボタンを慎重に外して、隙間から刺繍の入ったブラの上から軽くさすったり揉んだりしました。
反応が無いので、今度は胸の間を指で突っついてみます。
すると少し唸って横向きになりました。
今度は背中の隙間からブラのホックをそっと外し、ブラの中に手を入れました。
結衣の乳房は手にすっぽりと収まる上、形も綺麗なお椀型、張りもあり、揉みごたえが最高でした。
乳首をつまむと身体をびくんと震わせたので慌てて寝たふり。
少し時間を置いて結衣の様子を見ると、ブランケットを肩までかけて正面向きで眠っていました。
ブランケットをかけたまま肩紐を下に下ろし、ブラの肩紐を下げて片胸のカップを捲り、再び揉み始めます。
結衣の座席のエアコンは切ってあり、夏の暑さとブランケットで包まれた熱、更に私の手の体温で結衣の胸は汗でベタベタになり、女性特有のいい匂いと感触で頭がぼうっとしました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】車をぶつけてきた美人を脅して無理やり犯した【実話告白】

東京都/よしさん(30代)からの投稿
—-
俺は長距離のドライバーをしている。
茨城から東京への帰り、いつものように埼玉の国道の仮眠スポットでトラックを停めて寝ていた。
午前0時頃、軽く車が揺れた。
サイドミラーを見ると、若い女性が小走りで近づいてくる。
25歳ぐらいの美人だ。
コンコンとドアをノックしてきたので窓を開ける。
俺「何ですか?」
女性「すみません。後ろに車をぶつけてしまいました」
俺「そりゃ参ったなぁ。どこです?」
女性「ここです」
俺「あーウィンカーが割れてるね」
女性「すみません」
俺「なんだよ。一応警察呼ぶぜ」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】出張先でゲリラ豪雨に襲われ、可愛い女子高生と車内で雨宿り【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
某薬品メーカーの営業マンをしています。
1週間単位で地方に泊まりで出掛けて、営業や商品補充をしています。
とある地方の見渡す限り水田だらけの1本道を走行してると、まだ15時ぐらいなのに見る見る空が暗くなり、ライトが必要かな?って思うぐらいに暗くなってきた。
すると、目の前を長い髪とミ二スカの裾を風にはためかせながら自転車をこぐ女子高生走っていました。
白いブラウスの背中に水色のブラが透けていて、追い越し際にサイドミラーで顔を確認すると中々可愛い娘だった。
田舎でも可愛い娘はいるなぁ・・・なんて思いながら2分も走ると、車のボディーにカン!って音を立てて何かが当った。
何だ?って思った瞬間・・・物凄い雨が降って来ました。
一瞬にして視界が奪われて、ワイパーを最速にしても雨に勝てず、視界ゼロ。
走行に危険を感じて、暫く路肩に車を停めました。
物凄いなぁ・・・と降りしきる雨の中、じっとしてると、ふとさっきの娘どうしただろう?って気になってきた。
ここは水田の1本道で雨宿り出来る様な建物は無かった。
暫くすると、制服のまま、泳いで来たような状態で自転車を押してトボトボと歩くその娘が車の脇を通過した。
雨の勢いは以前凄まじく、俺はその娘に声を掛けていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】バイトの送り迎えのお礼にフェラしてくれた女友達【実話告白】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
大学時代にサオリという女友達がいた。
身長は155くらいで胸はC。体は細くもなく太くもなく、顔はキレイ系。
大学2年のとき、講義のノートを貸したことがきっかけで話すようになった。
3年生の春が終わる頃、サオリと話していると
「バイトをしたい」
と言ってきた。
サオリは隣の市から電車で通っていて、時間の都合でバイトをするにはかなり制限があった。
「オレがやってるとこで1人募集してるけど、やる??」
「でもあたし電車だから、帰りどうしよう・・・」
「帰りはオレが送ってやるよ」
「マジで??往復2時間以上かかるよ??」
「いいよ、サオリなら」
店長に話を通し、サオリもバイトをするようになった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】デキ婚で退社する同僚の母乳を吸わせてもらった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は30代の男です。ある数年前の実体験をもとに書きます。
確かあれは9月のある日の事。
残業で遅くなり、ふと休憩しようと思って会社の喫茶に行こうとした時、会社でも比較的仲の良い女の同僚と会い、少し立ち話をしました。
その同僚は、会社のある男と結婚(できちゃった婚)したため、近々退職する事が決まっていました。
立ち話をしていて、その同僚のおっぱいがかなり張っているのに服の上からでも気づき、もうすぐママになるんだな~と思い、話を終えた後はデスクに戻りました。
その同僚とは今まで男女の関係を持ったりした事はなく、話をするだけの関係でした。
同僚は体系は少しぽっちゃりで、私より3歳年下。
顔は比較的可愛い方で、会社でも男からは人気がありました。
デスクに戻ってからしばらくして妙にムラムラしました。
妻ともケンカしていた事もあり、冗談で同僚に
『乳デカくなってきてないか?』
とメールを送りました。
基本的にその同僚はノリが悪くないのは分かっていたので、同僚からはすぐに、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】出会い系で『僕の彼女と寝てみませんか?』とのメールが入った【実話告白】

北海道/ぎんさん(30代)からの投稿
—-
20代前半にあった本当の話。
あの当時はまだ出会い系サイトも規制がきつくなかった頃。
夕方仕事も終わり、パチンコ屋に向かう途中気になるメールが入った。
『僕の彼女と寝てみませんか?』
正直イタズラだと思った、がその時はあえて返信してみた
『いいですよ!』
と返信するとまたメールがきた。
「3人で出来ますか?」
また
『いいですよ!』
と返信。
3Pなんて経験したことないが興味はあった。
メールで何通かやり取りすると、これから会うことになった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 512345

このページの先頭へ