【フェラチオ】彼女含めた4人で行った遊園地の帰りに【実話告白】

5年くらい前の話です。
登場人物は
・俺(当時22歳)。・典子(仮名・同じ歳)。・彼女。・U(典子の親友)。
その日は、四人で遊園地に遊びに行きました。
みんな絶叫系が大好きで楽しんでいました。
元々は彼女と2人で行く予定の遊園地でしたが
「2人で行くより人数が多い方が楽しい」
からと4人で行く事になった。
これは俺の作戦だった。
彼女が典子と仲が良かったのは知っていたから、典子を連れてくると思ったからだ。
俺は隙を見つけて典子の体を触りたかった。
典子はスタイルが良いわけではないが、エロい体をしていてオナネタには何度も使っていた。
世間的にも人気があり、顔は仲間由紀恵に似ているようだ。
思う存分遊んで、そろそろ帰ろうとなった。
Uの車で来ていたので

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】明け方の遊園地でした肝試しで好きな人と2人きりになった【実話告白】

大学1年の頃、バイト仲間10人(男6、女4)くらいと飲み会やってて、誰かが肝試ししようみたいな話になった。
朝方、車3台くらいで廃墟になった遊園地に行った。
周りが若干明るくなってきた頃に着いて、塀を乗り越えて中に入った。
特にカップリングを決めたわけでもなく、自然と2、3人のペアになって遊園地の中を探索する事に。
俺は、2つ上の女の子と2人きりで歩いた。
実は俺はその子の事が好きで、2人きりになれて凄く嬉しかった。
バイトでシフトが重なった時はよく話しとかしてたし、ま、仲は良かったからね。
ただ彼氏がいるのは聞いてたから、俺も彼女にあまりのめり込まないようにしてた。
ここで俺と彼女のスペック。
俺は身長168㎝、体重58㎏、顔は普通かな。
ちょっとはモテテたし(笑)
彼女は身長170㎝強、体重60㎏弱くらい。
多少ぽっちゃり型だったね。
顔はとびきり美人ではなかったが、可愛い感じかな?
性格は明るくて人懐っこいけど、俺とか年下には面倒見が良くて、年齢が上の人には可愛がられ、下の人にも慕われてた感じ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年10月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【小中学生】1985年8月の夏、寝台列車で東京旅行へ【実話告白】

福岡県/椋康史さん(30代)からの投稿
—-
今から28年前の夏休み。
僕が中学3年の時、近所の家族同士で東京に旅行に行った時の事。
行きは、大阪から寝台列車で行った。
両親と2つ歳が離れた兄と僕。
近所家族は夫婦と小学5年の女の子で、名前は香織ちゃん。
東京へは、筑波万博とTDL(東京ディズニーランド)を見て回る2泊3日の旅。
初めてのブルートレインに、僕も兄も興奮したのを覚えている。
両親は新幹線がいいと言ってたが、ブルートレインで行くのは鉄道オタクである兄の希望だった。
道中、両親同士は買ってきたビールで宴会が始まっていた。
「これならブルートレインでもええなぁ!」
と笑い声。
兄はカメラを持って車内を探検しに行った。
残る僕と香織ちゃんは退屈していたが、香織ちゃんはおニャン子クラブのトランプを出して2人でババ抜きを楽しんだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年9月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【オナニー】修学旅行での動物園内のトイレで同級生カップルがエッチしてた【実話告白】

僕が中学校の時に行った修学旅行は九州でした。
正確な地名は覚えていませんが、遊園地に寄った時の話です。
男女ペア6人の班で行動する半自由行動だったのですが、僕の班はまとまりが悪くてすぐにバラバラになってしまいました。
当時僕が班長だったので、僕は班をまとめようと必死で他の皆を探しつつのまとめつつで頑張っていました。
まぁ、誰一人まとまらず仕舞いだったのですが……。
結果はどうあれ、遊園地すら楽しめず、皆を探していた途中に良い物を見ちゃいました。
同じ班の大間君と湯浅さんが一緒に歩いているのを発見したのです。
2人は手を繋いでいました。
そして、そのまま何故か2人は男子トイレに入りました。
これは何かあると思った僕は足音を立てずに中へ……。
そのトイレは遊園地の中のミニ動物園の奥にある小汚いトイレで、人気も無くちょっとした足音でも気づかれてしまいます。
僕はドキドキしながら耳を澄ませました。
「武…」
と湯浅さんの声。
武は大間君の事です。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年9月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【小中学生】中学の時に公園で出会ったお兄さんとの初恋話【実話告白】

文章稚拙だけど暇だったら付き合ってくれー。
私:当時13歳
彼:当時23歳、以下お兄さん。
時は結構遡るんだけど、私は小学生の頃からずっと虐めを受けてきて1人ぼっちだった。
親は母親だけ、3日に1回帰ってくる程度。
妹は祖父母に預けられていたから本当に一人。
毎日毎日給食にミミズ(時々クモ)が入ってる、トイレで水ぶっかけられる、上靴に画鋲は序の口。
机をひっくり返されたり体操着を引き裂かれてたりもう踏んだり蹴ったりだった。
それでもこんなのバカがやる事だって耐えてきたんだけど、学年が上がるにつれ辛く重く受け止めるようになっていったんだよ。
1番よく覚えてるのが6年生の修学旅行。
母親が一生懸命働いて行かせてくれたんだけど、酷かったね。
行き先は長崎。
高速バスの中。
後ろから席を蹴られたり水筒の中身かけられたりはまだ良かったんだけど、修学旅行のバスと言えばあれだよね、ゲロ男子。GEROボーイ。
隣の列の前から3番目の、当時私まではいかないけど同じくいじめられていたデブニキビメガネ男子。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年9月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【恋人】観覧車でエッチしてたら彼女の様子がおかしくなった【実話告白】

僕は以前から観覧車でエッチがしたいと思っていた。
休日になり、彼女とノリノリで観覧車に向かった。
並んでいる時も、これからの事を考えるとドキドキして楽しかった。
そうこうしているうちに自分達の順番が来た。
箱に乗って少し上がった所で、係員が見えなくなった。
そして彼女を抱き寄せキスをし、胸を揉み下半身を触った。
彼女も準備OK。
僕は彼女を馬乗りにさせ、スカートを捲り上げて挿入した。
ガラス張りの狭い空間に、テンションは上がった。
瞬間”ガタン”と音を立てて観覧車は止まった。
普通なら恐怖を感じたり慌てたりするだろうが、僕はエッチする時間が長くなったと思い、心の中でガッツポーズを握った。
彼女の締りが良くなって来る。
かなりいい感じだと思い、僕は腰を動かそうとしたが今以上奥に入っていかない。
何か変だと思って彼女を見ると、苦しがっている様子だった。
一度抜こうとしたが、締まりがキツくて抜けない。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年8月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

このページの先頭へ