【フェラチオ】彼氏持ちの職場の部下二人と打ち上げの後に王様ゲーム【実話告白】

背番号10さん(20代)からの投稿
—-
誰かに話したくてたまらなかった出来事を書きます。
この話は一昨年の夏、会社行事で企画・イベントを終え3人で打ち上げをした話。
話に出てくるのは・・・俺、優子(仮名)、敦子(仮名)の3人。
ちなみの俺たち3人は同じ年齢で、入社は俺が1番最初でその後に優子、敦子の順番。
一応、俺はポジション的に優子、敦子の上司なんだな。
優子は・・・胸のサイズ・・・Dカップ、顔・・・普通(どちらかと言えばかわいい系)、スタイル・・・普通、彼氏・・・あり。
敦子は・・・胸のサイズ・・・Cカップ、顔・・・中の下(不細工ではないが、好み次第かな?好きな人は好きな顔)、スタイル・・・良い(細め)、彼氏・・・あり(彼氏未満、友達以上の男あり)。
話に戻るが、企画イベントが終わり、打ち上げに行くことになった。
店を予約し、19時30分に店の前に集合して、すぐさま飲み放題を頼み、約2ヵ月間の苦労を労う為、乾杯。
2ヶ月間休みを削り、優子、敦子は彼氏等とのデートを断り、仕事に打ち込んだ。
当然、俺も合コンや女遊びを断っていた。
3人は企画が無事成功した達成感と久々のお酒、自由の時間を楽しんでいた。
飲み放題という事もあり、飲むピッチが早い。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】不倫した妻への仕返しで部下に寝取らせた。【実話告白】

東京都/名無しさん(40代)からの投稿
—-
自分は40才になり、某住宅メーカーの営業課長をしています。
事の始まりは妻(M美)34才の浮気からでした。
自分が怪しいと思い始めたのは3ヵ月前、服装や化粧が今までより派手になり、仕事の日数が増えた事でした。
妻はホームセンターでパートをしていますが、労働時間の関係で日数がいきなり増える事は考えられません。
自分は怪しいと思い、興信所に妻の事を依頼しました。
1ヵ月後担当の方から報告を受けましたが、やはり「クロ」でした。
相手は妻の仕事先の同僚で22才の大学生でした。
2人で食事しているところ、買い物をしているところ、そしてホテルから2人で出てくるところ、沢山の写真がありました。
自分はその夜妻を問い正しました。
初めは否認していましたが、証拠の写真を見せるとようやく認めました。
妻は泣きながら
「あなた、ごめんなさい。もうしないから許して。お願い!」
と謝りましたが、自分は許す事ができませんでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】アルバイトの可愛い子の勘違いにムカついて強引に犯した【実話告白】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
ちょっと前の話になるが、アルバイトの女の子とセックスをした。
相手は裕美(仮名:23歳)。
目は大きく、笑うと口元が凄く可愛い。
黒髪のロングでストレート。
胸は普通の大きさだが、尻は締まり、足までのラインが凄く綺麗だった。
黙って座っていれば、絵に描いたようなお嬢様のような感じの女だった。
ただ、この女は仕事がとことん出来なかった。
俺はアルバイトには怒らずに、解決策を話し合うタイプだ。
裕美とは何度も話を繰り返したが、改善出来ないどころか、話し合い中にプライベートの話をしたりする、どこかネジが飛んでいる。
俺は裕美に半年ぐらいで愛想を尽かし、最低限の事だけをやってもらっていた。
1年ぐらいで、裕美は辞める事になった。
辞める最終日、帰り間際に裕美は相談があると言ってきた。
裕美の話はまとめると、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】パートで働いていた奥さんに解雇する事を伝えたら【実話告白】

もう10年以上前の話。
私は大学を卒業して、飲食店チェーンの会社に就職しました。
その会社では大卒は1年間半の研修を終えたら、各店舗にマネージャー(店長)として配属されるシステムで、私も2年目の秋からとある店舗にマネージャーとして勤めていました。
配属されてから数ヶ月経った時、本社から収益が上がっていないのでアルバイトを1人解雇するよう通知が来ました。
解雇するなんて経験なかったし、気が進まない仕事でしたが仕方ありません。
そこで色々考えた末、斉藤さんという当時38歳のパートさんに辞めてもらう事にして、マネージャー室に呼び出しました。
彼女にその事を告げると当然慌てました。
「困ります、家のローンとか色々あるんです。何とかなりませんか?」
そうは言われても私も当時は入社2年目のサラリーマン、会社の指示に背くわけにもいきません。
「お願いします、マネージャー。私、何でもしますから」
彼女はそう言って、懇願するように寄り添ってきました。
何でもする?
私は思わずその言葉に少し興奮してしまい、無意識に彼女の体に視線をやってしまいました。
彼女は顔は凄く綺麗というわけではありませんが、体のラインはムチムチしており、独特ないやらしさを醸し出していました。
すると彼女はその視線に気付き、一瞬警戒するような仕草を見せましたが、すぐに

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】アルバイトとして入ってきた美人が僕の部下になった【実話告白】

うちの会社では年末の繁忙期に大量のバイトを雇い入れます。
大半はおばちゃんです。
たまに学生やフリーターの若い娘がいても、僕とは無関係で言葉を交わす事も無く通り過ぎていきます。
入社以来、彼女もいません。
今年もおばちゃんに取り囲まれて過ごしています。
そんな色気の無い職場ですが、去年だけは違いました。
去年の僕に起きた奇跡を書きます。
去年の11月中頃の事です。
今年もおばちゃんばかりだなと思っていると、そこに彼女は現れました。
事務所の入り口にバイトの面接に来たと思われる彼女が立っていたのですが、僕は見とれてしまいました。
外見は菅野美穂に似た感じでした。
いいえ、菅野美穂より綺麗でした。
係長が面接している間も僕はチラチラと様子を窺っていました。
本当に綺麗な娘でした。
当然、僕には無関係な部署へ行くんだろうと思っていました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】出張先で部下に「抱いてください」と言われた【実話告白】

自分(35歳:妻子あり)、今年春に入ってきた新卒(短大卒)のコ(22)を出張に連れて行った時の話。
帯同させた理由は、様々な経験をさせて社員育成をするという名目。
(このコは○HKのアナウンサー、神田○花にスタイル顔とも似ているので、仮に”神田”とします)
出張先での仕事も無事に終わり、宿泊先のホテルにチェックイン。
もちろん会社の出張だから、別々の部屋を取っている。
「後で一緒に食事でもしよう」
と言い、それぞれの部屋に入った。
約束の時間にロビーで待ち合わせ、近くの焼肉店で食事。
次の日が休みという事もあり、2人ともビールなどを飲んだ。
食事が終わって店の外に出たのだが、何となく飲み足りない。
「もう少し飲もうと思うが付き合わないか」
と言うと
「私ももう少し飲みたいです」
と言うのでそのまま近くのバーに入った。
カウンター席に座り、仕事への思いや、今の体制についての若者の意見などを聞きながらしばらくを過ごした。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】引っ込み思案で大人しかった部下が変わってきた【実話告白】

埼玉県/佐々木さん(30代)からの投稿—-『引っ込み思案で、大人しい部下を』の続き。
それから俺は、サツキを毎週のように誘うようになった。
食事に連れて行っては、その後ホテルへ。
サツキは文句も言わず、毎回俺の求めに応じ、やがて、生理の時は何も言わずに仰向けの俺に覆いかぶさるようになってきた。
舌を俺の唇に差し込んで絡めると、耳から喉に舌を這わせ、俺の乳首辺りをチロチロと舌で舐めたり吸ったりした。
やがて唇は、鳩尾から臍、内股へと進み、タマタマを手で優しく包みながら、舌を尖らせて竿を舐めあげる。
「サツキ・・・誰にそんなこと教わったんだ」
「・・・佐々木さん・・・です」
「俺は教えた覚えはないぞ」
「・・・でも、佐々木さんが私にこうしてくれるから・・・」
そういうと、ジュルッと音を立ててサツキは俺を根元まで飲み込んだ。
「あっ」
思わず俺の方が女のような声を出してしまった。
サツキはアナルに軽いタッチをしたり竿の根元を指で締め付けたりしながら、口の中で俺に刺激を与え続けた。
たまらず俺はサツキの喉の奥で放出すると、サツキはそのままゴクリと飲み込んだ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】渡辺麻友に似てる可愛い新入社員が援交してた【実話告白】

■スペック
俺:ちっちゃい会社のナンバー2、フツメン、既婚、40歳目前。
新入社員:入社1年未満、色白細身、めっちゃ可愛い、独身、23歳。
その子は、社員の中ではAKBのまゆゆって子に似てると評判らしいが、俺がその子を知らんので何とも言えん。
オレがやってる出会い系で知り合った子と写メ交換したら、なんとその子だったんだよ!という嘘のような話。
いや、どうみても本人なんだよ。だって俺が採用担当で面接したしな。
履歴書や社内レクリエーションの写真とかと見比べ倒したよ。
掲載プロフィールも履歴書の内容と一致するんだorz
その子とは毎日顔を合わせるし、それだけに迂闊に動けないんだ。
掲示板で「すぐ会う」的なのがあって、そこに投稿してたんだ。
で、メールしていたら写メ付きで返事が来て…
「ホ別2万」
って言われたの。
その子、めっちゃ清純派というか、おっとりしてて、儚げでピュアな感じの女の子なのに…。
お金に困ってるんだったら、何とかしてあげたいと思ったんだが。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年10月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】酔い潰れた新人の子が俺の降りる駅まで付いてきちゃった【実話告白】

最近入ってきた新人(マキちゃん)を1人受け持つ事になって、今もまだ教えてる。
マキちゃんは、覚えは悪くないが鈍くさい。
初めて女の子を指導する事になったから、女の子はこんなもんかと思いながらやってたんだけど、他の女の子を受け持つ奴に聞くと、どうやらマキちゃんは人一倍鈍くさいみたい。
金曜日も仕事が終わらずに残業だったんだけど、最後は俺とマキちゃん2人になってた。
連休は実家に戻る予定だったから早く帰りたくて、少しキツく当たったんだ。
「すいません、ご迷惑お掛けして…」
と何度も謝ってくるマキちゃん。
俺反省、仕事終わったらご飯でも奢ってご機嫌を伺おうと考えた。
「これ終わったら飯ご馳走するから、パパパッと終わらせよう!」
と俺。
よく考えたら予定有るかも知れないけど、何も考えていないのが幸いしてか
「本当ですか?それじゃパパパッってやらなきゃ!」
って笑顔が見えて少し安堵。
何とか仕事終わらせて帰り支度をしてると
「お酒呑んでも大丈夫ですか?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年10月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【おっぱい】【お勧め】震災で胸がデカくて可愛い部下と車で一夜を共にした話【実話告白】

■スペック
俺:当時32歳、今34歳。身長175程度。IT会社勤務。
後輩ちゃん:当時23歳、今25歳。155cm程度ちっちゃい。胸デカい。
うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。
そこに中途入社で入った俺は、判りやすい肩書きで言えばプロジェクトリーダーのような仕事をやってるのね。
社内ではそこそこ出力の高いチームだと自負している。
2年前までチームのメンバーと役割は以下のような感じだった。
俺:社外とのやり取りとか上司とのやり取りとか、部下への指示とかが仕事。
デブ:38歳位、割と優秀なプログラマでうちのチームの出力源。対人関係能力は低い。会社のPCのデスクトップがエヴァの壁紙だったりするような奴。
ジジイ:50歳位、役に立たないけどデブのフォローが上手く、困った時に役に立つ。
バカ:28歳位、俺の後釜要因だが、どうしても雑用係から抜け出せない。
基本デブの出力を俺が取ってくる案件で回すというスタイルだが、デブに基本構造を作らせ、ジジイの下に派遣を付けて回すというスタイルで年に2度は大きな案件をこなしていて社内では「俺チーム」と呼ばれ、それなりにバカにされない程度には仕事をしていた。
俺も昇給、昇進をチラつかされその気になっていた訳だ。
そんな中バカがあまり成長芳しくないので数年前から新人を入れるという話をずっと上からされてた。
派遣以外の人を増やしたくなかった俺はその度に

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談
1 / 212

このページの先頭へ