【友達】サークル後輩の猛アピールに全く気付かず卒業した鈍感な俺【実話告白】

俺が大学3年の頃に嫁が入学。
嫁が俺と同じサークルに入る。
容姿も良く、”近頃の若い者は”と言わせない礼儀正しさと教養で、80人いた大所帯のサークルでもかなりの人気を獲得。
俺もかなり気になっていたが、上下関係がそれなりにあるサークルだったので、パワハラにならないよう男子部員は慎重に行動していた事もあり、目立って動けず。(暗黙の了解で部内恋愛は自重してた)
しかし、実は惚れたのは嫁が先。
恋愛に冷ややかなサークルの雰囲気のため(恋愛禁止ではない。あくまで慎重にという事)、告白する勇気がなくて、俺に対して知恵を絞って何度となくアピール。
策の弄し過ぎと俺の鈍感さで気づかないまま俺卒業。
両想いならサークルに遠慮はいらなかったものを・・・。
嫁、俺への片思いを引きずりつつ良い出会いにも恵まれず、2ちゃんで言う喪女と化す。
その頃、そんな言葉はなかったと思うが。
嫁の証言「◯◯(俺)先輩のせいじゃなくて、私が悪いんですけどwでも先輩が無関心過ぎで一時は恨みました。あんな鈍感男はカシュガルの奴隷商人に売られて人間燭台にされて欲しかったです。表向きは明るくて真面目で身持ちの固いキャラで通しましたけど、もう内面は彼氏いないコンプレックスの塊で。学生時代、勉強もサークルも頑張ったはずですけど、振り返ると男の事しか考えてなかったような気がしますww」
一方、俺は入社先で彼女もさっさと作り順風満帆・・・のはずが、25歳の春、彼女に二股掛けられて振られる。
二股女はもう片方の男にも振られ、会社に居づらくなって辞めたのは”ざまあw”だが、俺も世間体悪すぎて退職したから笑えん。
気分は負け犬で、今の会社に就職するまで6か月ほど無気力な無職生活。
心配していたサークルOBの友人連中が、俺の再就職祝いの飲み会を企画。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年10月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ