【オナニー】隣の部屋に住む専門学生の女のオナニーを覗いてみた時の話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
これはマジでガチな話です!
俺の住んでるアパートの隣の部屋に近くの専門学校に通う女がいるんだけど、去年の夏窓を全開にしたまま夜な夜なオナニーしてるから声がモロに聞こえてくるから焦った。
その女はたまにアパートですれ違うからどんな女なのかはわかってる。
正直顔はそれほど可愛くないがスタイルは抜群で、よくデニムの短パンを履いていい脚をさらけ出している。
ただ、凄い真面目そうな女だったから、まさかあんな女がオナニーするとは思わなかった。
夜になりオナニーの声が聞こえるようになると、俺はベランダ越しに耳を済ませて聞いていたんだが、どんなオナニーをしてるのかが大体わかったのである。
まず、オナニーの喘ぎ声だけでなくたまに女は何かを喋っている。しかし男の声は聞こえない。
どうやら男と電話で話ながらオナニーしてるようだ。
最初は彼氏と電話でしてるのかと思ったが、女の話す内容から改まった自己紹介のようなことを言ってるので、どうもそういうサイトで引っ掛けた男相手にオナ声を聞かせているようだった。
真面目そうに見えて女は陰でいやらしいことしてるんだなぁと興奮してしまった。
そんなある日のこと。
いつもの様に隣から声が聞こえたので耳を澄ますと男の声が聞こえる!
でもこの声は明らかにスピーカーから出てるような声質だった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【おっぱい】お隣さんの着替えシーンを目撃した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私が20代で、仕事のために一人暮らしをしていた時のこと。
家賃が安い所を探したので、少しアパートが古い。
そのため、カーテンを開けると隣の家が丸見えだ。
そんなある日、私の中に眠っていたエロの部分を開花させる出来事が起こった。
ある暑い日の夏、エアコンを一日中つけると電気代が高くなるので、昼寝後はカーテンと窓を開けることに。
すると、隣のアパートの住人の姿が・・・。
20代後半の女性で、黒髪ロング、色白でスラッとしている感じだった。
私に気づいていない彼女。
何か探し物をしているようで、タンクトップからEカップはありそうな胸がチラリ。
ブラはつけていないようで、タンクトップから少し突起が伺える。
谷間はおろか、お腹まで見えそうなくらい胸チラしている。
どれくらい見続けただろうか、ふと彼女と目が合った。
ヤバい!と思ったが、見られていたことには気付かず、彼女から会釈してきた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】隣に住んでる女子高生にマッサージをしたら異常に濡れた【実話告白】

隣のお兄さん(20代)からの投稿
—-
もう何年も前の話だが、ボクのかけがえのない思い出を記しておきたい。
あの日、大学からマンションに戻ると、隣に住んでいる女子高校生が制服姿のままボストンバックを傍らにおいて扉の前で蹲っていた。
「志保ちゃん、どうしたの?」
と訊いてみると、
「朝、鍵を持って出るのを忘れちゃって・・・」
と恥ずかしそうに答えた。
「お母さんが帰ってくるまで、ウチで待つ?」
そう言うと、
「いいんですか?」
と言いながらも、志保はホッとした表情をして見せた。
「どうぞ」
鍵を開けてウチに入るように促すと、志保はボストンバッグを手にして遠慮がちに玄関口に立った。
「お邪魔しまぁす」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【レズ】隣に住んでる美人さんはレズカップル?【実話告白】

うちのマンションはコの字型で、空間を挟んだちょうど真向かいの部屋に女性が1人で住んでいた。
年齢は20代半ばから後半くらいか。
ショートカットで目が大きく、キリッとした顔つきの綺麗な人だ。
背は165センチ位だろうか。
あまり化粧も濃くなく肌も白く、綺麗。
いつもジーンズを穿いていて、スカートを穿いてるのはあまり見た事がない。
細身で、巨乳巨尻ではないが、バランスが取れていて、胸やケツはでかけりゃいいってもんじゃない、と思う。
夏場は薄手のニットやTシャツなど、ボディラインの浮き出る服装はよく似合って、綺麗なお姉さんってやつだね。
エレベーターや外ですれ違うと必ず
「おはようございます」
「こんばんは」
と挨拶してくれる。
その声がちょっと鼻にかかっていて、甘ったるくて、外見とのギャップに
「萌える」
という単語はこういう時に使うのか。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:レズの体験談

【おっぱい】【ハプニング】学生専用マンションで隣人の裸を目撃【実話告白】

俺は学生専用マンションで下宿してる大学生なんだが、さっき飯を買いにコンビニに行ったんだ。
家を出てエレベーターに向かった時、隣人の部屋のドアが空いてたんだ。
その時は特に気にしなかったんだけど、飯買って部屋に戻ってきた時もまだ空いてた。
最初は気にしなかったものの、買い物とか終えて2,30分くらいは経ってたのにまだドアが空きっぱなしだったから、相手が気づいてないのかと思って心配になったんだよ。
一応マンションはオートロックだし、俺の階は10階だからそんな危ない事はないだろうと思ったけど、もし誰かが部屋に入ってきたら大変だろうなと思って、俺は教えてあげる事にした。
普通にドア開けて
「すみませーん。ドア開きっぱなしですよ!」
って注意してあげた。
すみませーん。
“ドア開き…”くらいまでは、俺ってまじ優しい。やっぱ紳士な男だな俺はって思ってた。
でも、”…っぱなしですよ!”って言ったところで視線を上げた先に髪が濡れたままでバスタオルで腕を拭いてる真っ裸のおにゃのこがいたwwwwww
俺「すみませーん。ドア空きっぱなしになってますよー!(大声)」
ガチャ!
隣人「ひゃっ!?」←まじでこんな感じで言った。
その姿見てから、あれ?ドア開ける前にチャイム鳴らさなきゃいけなかったんじゃね?って思った。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ