【小中学生】お仕置きって事で電気あんまされた転校生【実話告白】

中学3年生の時の話です。
転校してきたばかりの、大人しくて可愛い女子がいますが、
「授業中にオナラをした」
と、周りに座っていた女子が言い出し、その子は否定したんだけど、一部の女子と男子が
「素直にならないならエッチなお仕置き」
と言って電気アンマを始めました。
女子がその子を押さえ、男子の1人が
「上履きでするのは可哀想だ」
とか言って上履きを脱ぎ、その子の両足の間に足の先を入れて振動させ始めました。
その子は必死になって手で男子の足をどかそうとしたんだけど、両手は女子達に押さえられて、
「私が(オナラ)しました!許してください!」
と謝ったけど、もちろん許してもらえず、休み時間中たっぷりいたぶられていました。
その男子の電気アンマがかなり効果的で、わざと足の動きをしばらく止めて押し付けて、その子が
「あっうっう~」
と安心したら、また急に激しく足を小刻みに動かされ、その子は涙目で真っ赤な顔になって悶えていました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年1月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

このページの先頭へ