【レイプ】女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち【実話告白】

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。
連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【マニアック】初めて縛られた30代奥様の体験2【実話告白】

『ああっ』
「直接触れたら、すごい湿り気ですね。」
『・・・』
「湿り気どころではないですね。ヌルヌルしていますよ。唇も開いていますね。」
『ううん』
指先で突起に触れ「普通、ここに触れられてからなら、この状態であるのは、わかるけど、そういうことなしにこんなにヌルヌルしているなんて・・・どんなことを想像してこんな状態になってしまった?」
『・・・』
「縛られている自分の姿想像していたのでしょう。奥様が望んでいた願望だものね。後ろ手手錠では、まだ、願望叶えられていないものね。これからきつく縛ってあげますからね。」
『・・・』
手錠を解き、身に着けていた服を全て取り除く。
「手を後ろに回して」   『はい』
後ろ手に回した手をロープで縛り、胸の上下にロープを回し、胸をきつく縛り上げ縛り上げる。奥様の胸は縛られパンパンに張出されてしまった状態になる。
「あれ?奥さん、胸縛り上げられたら、奥さんの乳首まで固くとがってしまったみたいだね」
固くとがった乳首を指先で弾く。
『はああん』

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【おっぱい】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww【実話告白】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。
初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。
馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。
特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。
普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。その日飲み会を抜けだした俺達がまず向かったのは大箱の居酒屋。いい大人になった俺達は普段ならもうほとんど行くことがないこの手の店だけど今日の目的はあくまで狩りだ。トイレに向かう動線上の半個室席を確保して着席、不味い酒を飲まされないためにボトルのスパークリングワインをオーダして二人で飲みつつ、トイレに向かう女の子をチェックする。
夜の9時を回った頃だというのにすでにいい具合に酔いが回った女の子が列に並んで頻繁に入れ替わっているのがわかる。しばらく飲み進めた時、その女の子は少し赤くなった顔で、でもまだしっかりした足取りでトイレに向かう列の最後尾にならんだ。
就職活動に合わせて黒くしたのか、濡れるような黒髪にまだ真新しいスーツ、むっちりとしたおしりを包む膝丈のタイトスカートの上からでもその太ももはイヤラシくその存在を主張していた。
顔は一瞬しかチェックできなかったけど意志の強そうなくっきりとした目元(お酒で少しやわらかくなってはいたが)にぽってりとした唇、そんな俺好みの顔立ちだったし、なにより、白いブラウスの下からスーツの胸元をきつそに押し上げる、その大きすぎる胸に目が釘付けになった。裕也に「俺が行くね」的なアイコンタクトを送るとすかさず立ち上がり、そのコの後ろに並ぶ。トイレは男女兼用の個室が3つ、そこに一列で順番待ちをするようになっている。ざっと見てそのこの前に並んでいるのは6人、時間にして約3分ほど話をする猶予がありそうだ。「並んでますねー、今日は街にもいっぱい人出てたしどこのお店も満杯ですね」
「そうなんですよー、このお店入る前に2軒も断られちゃいました」
最初の印象通り、気の強うそうなはっきりした目元だがさり気なく話しかけると思いの外ノリよく付き合ってくれる。サラサラのロングヘヤーに目が行って気付かなかったが小顔でパーツがはっきりしたかなりの上玉だ。
「俺もこのお店学生時代以来かもしれないくらい来てなかったんだけどどこも空いてなくて久しぶりに入ったよ、今日はここ一軒目ですか?」
「いえ、会社の飲み会あったんですけど一次会で解散だったんで、同期の子たちと二軒目にきたんです。やっぱり先輩や上司と一緒だと食べてても飲んでても全然緊張しちゃって、かえってストレス溜まっちゃいますよねー、あそう、私まだ就職したてなんですけど、ホントこの先ちゃんとやっていけるか不安ですよー」
酔いも手伝っているのか思った以上に饒舌にしゃべりまくる、どうやら本当にストレスが溜まっているようだ。
この時点で並んでいるのはあと3人だ、もうちょいいけそうだ。
「新社会人だ、なんかそんな気してたよwどんな業界ですか?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【高校生】女の子って難しい【実話告白】

俺大4、姉22才の社会人、妹今年から大1+2人姉「あーん!疲れたー!」
俺「お疲れさん!
姉「こっちきて!×2」
俺「はいはい!」
姉「ギュー」
俺「・・・姉さん?」
姉「なーにー♪?」
俺「なんでさー?いっつも抱きつくの?」
姉「んー・・疲れたからかなー?」
俺「疲れたなら寝ればいいんじゃないの?」
姉「えー!!?いや?」
俺「嫌じゃないけど・・」
姉「俺はずっと私のヒーローだもんね♪なんかこうしてたら落ち着くんだー」
俺「まぁ、今更やしええけど。」姉さんは清楚で綺麗で昔からモテてたからいろいろと事があってボディーガードしてました。
彼氏はすぐできても何故かいつも俺頼りで長続きしません。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2017年12月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【人妻】同僚に盗られた女を盗り返す話【実話告白】

昔会社に派遣で来たK子は相〇紗〇に似てモロ俺好みだった。
同僚Tに言うと「えーあんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。
確かに男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。
噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。そりゃハードル高いわ。
でもやたら美人だったのであきらめるのはもったいないとおもた。
「俺アタックしてみるわー」というと「どうぞおすきに」というスタンスだった。
なので最初はTや中の良かったM子などを含むグループでカラオケやライブなどを企画。
半年くらいでうちとけ、K子もなんとなく気のあるようなそぶりが見られたた所で個人的に呼び出してついに告白。
「告白してくれたのはうれしいけどそんな風に考えた事がなかったから。
あなたと急にそんな関係にならなくてもいいと思うから友達のままでいてね。」と拒否されてしまった。
同僚Tに「だめだったわー」と言うと「そうだろ、あんなやつ自分が美人と思ってるだろ。
顔も普通で金持ちでもないおまえなんか釣り合わないと思われてるんだよ。」と言われた。
ま普通にグループで遊ぶのはかまわないらしいので、恥をしのんでそれからも複数で遊んだ。
それからさらに半年後、俺は転勤になり遠くの支店に移った。
そこにいた事務のA子は顔は普通だがやたら気立てが良く健気な子だった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年4月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】嫁の通勤パンチラ【実話告白】

結婚して嫁の勤務している会社近くにアパートを借りた。
嫁は会社までチャリで5分。俺は会社まで車で30分。
嫁は勤務先まで近くなったからと家から制服姿でママチャリで出る。
毎朝アパートを出る時間は一緒。
俺は、毎朝アパートを出て直ぐ国道の交差点の信号で必ず引っ掛かるのだが、嫁も同じくその交差点の横断歩道で引っ掛かる事が多い。
嫁は私が停まっている目の前の横断歩道をチャリで右から左へとゆっくり横切っていく。
嫁は膝上5cmくらいまでの丈のタイト気味なスカート姿。
これがまたチャリにまたがると、スカートはもっと短くなってしまうようで、太ももまで露出している。
俺は、チャリを漕ぐそのスカートから伸びたストッキング越しの脚に信号待ちしながらいつも見とれてしまう。
同じく、ふと隣りに停まっている車を見ると、運転している男もウチの嫁を眺めている。
逆に、嫁が信号待ちしていることも良くある。
ホームセンターで激安売りしていたママチャリを嫁に買ってあげたのだが、実際乗ってみると車輪のサイズが大きく、小柄な嫁にとっては大きいようだ。サドルを一番下の位置にしても両足のつま先が地面に着く程度。これがスカート姿で乗るといろんな意味で結構危ない。
嫁は、チャリにまたがりながら、左足を地面、右足をペダルという格好で信号待ちしている。
嫁も意識しているようで、上手に両足を内股にして下着が見られないように停まっている。
またその格好が、下着までは見えなくても、左脚の太ももがかなり大胆に露出しており、たぶん交差点で信号待ちしているほとんどの男達の注目を集めているんだと思う。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の再就職Ⅱ【実話告白】

私は、以前から妻の裸体を誰かに見せてみたいと言う願望があった。
ちょっとの期待と興奮、そして不安が頭をよぎっていた。
疑問を抱いてから2ヵ月、妻が再就職してから4ヵ月経った。
妻は相変わらず、エロエロの社服を身に纏い車で出勤している。
そんな時、私に1本の電話があった。
「美香さんのご主人ですか?」
「はい」
「私、○○会社の高橋と言います」
「あ~いつも妻がお世話になってます」
「ちょっと、見せたい物があるんですが…時間ありますか?」
「え~」
「じゃ○○で18時に待ってます」
そんな事で、私は妻の会社の人と会う事になった。
夕方、定時で仕事を止め待ち合わせ場所に向かった。
料亭の前に、40代の男性が立っていた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年3月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の再就職Ⅰ【実話告白】

「リストラだって」
「お前が・・・」
「何とかなるよね?」
私達は、結婚10年目の夫婦です。
私32歳、妻30歳、子供10歳
2年前、共働きで金銭的にも余裕が出来、念願のマイホームを購入しました。
25年間の借金生活。しかし、2人の収入からも結構余裕の支払い計画でした。
そんな豊かな生活が、突然崩れ始めたのです。
妻 「まぁ、新しい仕事直ぐ探すから大丈夫!!!」
私 「そうだな。初めは失業手当も出るし、ゆっくり探すといいよ」
そんな感じで、2人共余裕をかましていたのかも知れません。
妻は、3ヶ月程家でゆっくり過ごし、ようやく就職活動を開始しました。
妻 「今日、職安行って見たけど、結構仕事あるみたい」
私 「そうなんだ!世の中厳しいと言っている程じゃないのかな?」
妻 「そうね!事務職も何か所かあったから、受けてみるね」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年3月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【小中学生】やりたい放題やられたい放題-03-【実話告白】

ドアを開けると そこには佐和子先生の同僚 ルリ子先生
目がクリッとしていて 生徒からも人気者のルリ子先生
えって顔してる 俺に ルリ子先生は いきなり 股間に手を伸ばし ちんこを握り締め
二人がかりで おさえられる俺にかまわず おまんこを顔におしつけ ルリ子先生が逝くまで
舐めさせられ 当然逝った後は ビンタされ 顔中舐められ 唾だらけにされ おしっこは呑まされ
電気あんま 当時は 精子も出ないので逝くという感じはなかったが 精子が出ないけど逝く 
登り棒で ちんこを強くこすった感じ 気持ちよかったのは今でも憶えてる
夏休みも残りわずか 3人でのお泊りは最終日に
SEXは二人が満足するまで 小学4年のちんこはやっぱ小さい 
ほとんど おまんことアナルを舐めてる ビールを飲んで ほろ酔いの
佐和子先生とルリ子先生は ハイテンションで やりたい放題
新学期が楽しみやなって二人
こんなことばっかりしていると 成績がヤバいので 当然 勉強は二人に みっちり教えてもらい
9月ののテストでは クラスでは上位に入る成績に さすが飴と鞭
新学期も放課後はクラスに一人残され 佐和子先生とるり子先生の おまんこをほぼ毎日舐める生活が続き

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【初体験】悦子日記 吉川さん との3年間【実話告白】

悦子日記 吉川さんとの3年間22歳の時に吉川さんと初めてベッドインしてから、3年間で毎週の水曜日又は週末にデートをしていました。
食事をしてお酒を飲んでそしてホテルへ出かけます。お部屋に入りますと、入浴してからベッドに横たわってキス・乳房への愛撫をして頂きます。
洋服を着たままでタッチされますから悦子が洋服を脱ぎます。
吉川さんの洋服を脱がせるのが悦子のお仕事でした。何時も二回以上の絶頂感を得ていました。
最初は、キス→乳房へのキス→クリとベビーへのキス→69→正常位→女性上位→後背位→ドッグスタイルか正常位で射精。一つの体位で射精の直前迄進んで、別の体位へチエンジします。ですから、1時間以上が必要でした。何回も何回も体位を変更して悦子の興奮をもり立てて頂きました。
2回目は69→正常位→ドッグスタイルで射精。
翌日が休日の時には、早朝から仲良しごっこです。
眠っている悦子のベビーを彼がキスして目覚めます。
30分以上の愛撫で悦子はラブジュースが溢れています。悦子が満足感に浸ってから彼に射精を許します。
正常位での射精が多かったです。彼の愛撫を3年間に亘って受けていますから乳房が大きくなっていました。
勿論、クリも大きくなっていますが・・・。
コンドームを付けた経験は有りませんでした。
妊娠すれば子供を産むつもりでしたから・・・。
吉川さんは何時でも悦子の自宅まで送ってくれました。やがて、勤務先の近くで間借り生活を始めました。
離れ座敷ですから家主さんとは会わないで自由に出入り出来るのが良かったです。会社の近くですから女性のお友達が来ます。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ