【高校生】根暗で休日は部屋に引きこもってる妹【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
超根暗で休日は部屋に引きこもりの妹を、強引にケーキバイキングに誘った。
妹は行く気さらさらなかったが俺が
「男1人じゃ行きづらい!」
と頼み込んでOKもらった。
まあ根暗すぎて外出しない妹を部屋から出したいという思いもあったし。
しかし当日になり、妹が部屋から出たら俺は超びっくり。
妹はいつどこで揃えた?と言いたいくらい可愛い格好をしてた。
しかも、いつもは長い髪をゴムで後ろに留めるだけなのに、ポニーテールにして。
俺がポカンとしてたら妹は何故か怒り口調で
「外出するんだからマシな格好するに決まってるでしょ!」
ツンデレ?リアルツンデレ?と思いながら出発。
妹と他愛もない会話をしながら店に到着。
俺はフードファイター並にケーキを食べまくるが妹も負けじと食べまくる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【不倫・浮気】元カノに妊娠したから金を寄越せと言われた【実話告白】

別れた後に
「妊娠してたから金を寄越せ」
と言われた。
元カノにエコー写真を見せられて
「今3ヶ月なの」
みたいな事を言われた。
でも最後のセクロスから4ヶ月くらい経っていたのでそれは変じゃね?と思い、試しに
「DNA検査をしよう、今は出生前でも出来るんだ」
と言ってみた。
本当に出来るかは知らん。
本当に間違いなく俺の子なら、
「えぇ分かったわ行きましょう」
ってなると思った。
でも元カノはそれを拒んだ。
「間違いなくあんたの子」

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【マニアック】私の前では仲良くしていた両親だけど【実話告白】

私の前では普通に仲良くしていた両親。
だけど、私が寝た後に度々喧嘩をしてた。
暴力もあったみたいで、母が
「やめて!」
と小さい声で叫んだり泣いたりしてた。
でも朝になると2人とも普通にしてたから、私にバレないように仮面夫婦をしてたんだと思う。
私が結婚して家を出た後も2人は相変わらず仲良さそうだったから、
「いざこざを乗り切ったんだ、良かったなぁ…」
と思ってたある日、私が知り合いの通夜に出席するための喪服を実家に取りに行った時の事。
当時私は妊婦だったので、自分の喪服はキツいけど私より若干ふっくらの母の喪服なら着られるだろうと借りにいったんだけど、その時母は不在だったので、電話で了解を取ってクローゼットを開けるとそこにはSMの道具がたっぷりと入ってた!
思わず息を飲むような凄いのがドーンと!
深夜の不仲はコレかと悟ったよ。
私も結婚してるから割り切って気分もすぐに切り替わったけど、実家に住んでる頃に見つけたらショックだっただろうな。
喪服はココとは違う、指示されたクローゼットで見付かった。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【高校生】7年間好きだった子が夏休みに勉強しに家にきた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
夏休みが終わる3日前、高1の俺は宿題の山に苦戦していた。
で、何気なくマミ(仮名♀)にメール送ってみた。
俺「宿題終わった?俺かなりヤバイんだけど…」
マ「私も数学くらいしか終わってないよぉ~どうしよ…」
ちょうど数学だけ全然進んでなかった俺は助かった!と思って
俺「え、数学終わってんの!?明日借りにいってもいい?」
マ「空欄ばっかりだよ?それでいいなら貸すケド?」
俺「いや全然いいよ!助かる!」
マ「あ~じゃぁそっちも何か貸してくれる?」
どれも貸せるほどしっかりやってないけど、とりあえず英語だけは終わってたから
俺「英語しか終わってないけど…」
マ「あ!ウチ英語終わってない!」
俺「じゃぁ英語持ってくよ。何時頃に行けばいい?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【近親相姦】間違って外出しと言ってしまった【実話告白】

大掃除の時の事。
玄関をのタイルを洗い、水で流すよう母から言われた父。
キッチンにいる母と玄関にいる父のほぼ中間地点に私がいたため、
「水を流すのは外玄関だけか、内側もか母さんに聞いてくれ」
と父に言われた。
母に聞くと
「外だけ」
と答えたので、父に伝えようとした時に思わす言ってしまった。
「外出し~!!」
当時高3だった娘の口からそんな言葉が出て父は凍り付いて、私も焦って
「違う違う、そんな事してない!」
とフォローしたつもりだった。
私は
「そんな事=セックス」
のつもりで言ったんだけど、父は

実話告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】幼馴染との空手勝負で、負けた方が好きな子に告白する事になった【実話告白】

俺は小さい時から通っていた、空手道場の師範の娘と結婚した。
5歳から通い始め、俺と同年代の人がいなかったので同い年の嫁と組んでは稽古していた。
この頃は女子の方が体が大きいので嫁の方が強く、俺はよく負かされては泣いていた。
師範からは、
「負けなさい。強い人は勝った数の何十倍も負けてるんだよ」
と言われては励まされていた。
徐々に勝てるようになってきたのが10歳頃で、この頃から泣くのが俺から嫁になってきた。
俺も嫁もド級の負けず嫌い。
ヘッドギアをしているとは言え、毎回傷を作るくらいボッコボコに殴り合った。
中学に入ってからは男女差が顕著に出始め、組んでも練習にならなくなってきたので、最後のスパーリングでお互い何かを賭けて勝負した。
その賭けは、
『お互い好きな人に告白する』
という、今考えれば馬鹿げた内容だったが、そんな恥をさらすわけにはいかないと全力での殴り合い。
結果は嫁お得意のハイキックで俺がダウン、立ち上がれず俺の負け。
嫁は

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年5月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】低反発マットレスを買ったら姉が俺の部屋で寝てた【実話告白】

先日、ニ○リで低反発マットレスを買った。
かなりの快眠で足取り軽やかに仕事に出て、がっつり働いて帰ってきたら、姉(27歳・独身・現在休職中)が俺のベッドで寝てた。
俺「姉ちゃん、姉ちゃん、人のベッド取らないでよ」
姉「ん、あれ…あー…いつの間にか寝ちゃったな…。お帰り、もう寝るの?」
俺「ただいま。お風呂入ったら寝るよ、だから自分の部屋に戻っといてよ?」
姉「わーった…おやすみ」
俺「分かってないだろ、も~…」
お風呂後、結局寝たままの姉。
俺「ねぇ~…自分の部屋戻っといてって言ったじゃん…」
姉「ダメ、このマットレスやばいから起きらんない」
俺「起きろよも~、俺も寝るんだから」
姉「ん~…うるさいなも~…ほらぁ」
布団を捲る姉。
俺「…入れって?」
姉「寝るんでしょ?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年5月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【大学生】頭からゲロかけられた事がキッカケで始まった恋【実話告白】

汚い話でごめんね、頭からゲロかけられたのがキッカケだよ。
学生の時だ。
さあ金曜だ飲み会だと友人達を先導して居酒屋の階段を上ってる時、急に上からビシャー。
頭からジャストタイミングで被災してしまった。
未消化の麺類が私のメガネに垂れ下がってた。
下手人は、飲み過ぎて帰ろうとしてた女の子。
いくら私でもご褒美にはなりません。
気持ち悪くなって、なぜか階段の手すりから身を乗り出して吐いたらしい。
下手人とその友達に平謝りされ、クリーニング代として5,000円だけ掴まされた。
私の後ろでうわぁ…となっていたサークルの仲間に帰るとだけ伝え、そのまま歩いて帰った。
歩いて家まで経った10分程の道のりのだったが、あまりに臭い。
我慢出来ない。
ただ、このままではコンビニにも入れないので、途中の公園に寄って水飲み場で頭を洗った。
水は凄く冷たいし、何か物凄い惨めな気分になって頭に水を被りながら大声で泣いてしまった。
その時通りかかった人に

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【学校】完璧優等生で美人の嫁と不良だった自分【実話告白】

全国模試でも常に2桁台前半という、地方の公立進学校としては創立以来最高の頭脳で、更に、開校以来初の女生徒会長という最強の優等生様と、更正のために雑用として生徒会に放り込まれた不良という、どこの萌えマンガだよ、てな感じの関係だったが、紆余曲折あってツンがデレたw
俺はある競技で全国レベルの選手だったんだけど、夜遊びが面白くてね、深夜徘徊でとっ捕まったせいで公式戦出場禁止になりかかって、顧問に
「もっと上手くやれ!」
としこたまブン殴られた上で、反省の姿勢を示すために生徒会に所属して雑用を仰せ付かる事になったわけ。
一方、嫁は前記の通りの優等生様で、最初のうちは
「私の生徒会に、こんな不良が!」
ってな感じで態度も言葉も冷たかったんだが、服装や髪型のような外見から受ける、いかにもチャラ男な偏見抜きで接してみれば、仕事は真面目だし、他の部下よりずっと反応や飲み込みが早く、性格明るいムードメーカーなせいで俺が所属する前と生徒会の雰囲気が一変して、全体の効率も上がって生徒会全体の評価も上がっている。
嫁は元々気真面目な優等生だけあって、自分が偏見で物を見てた事に気付くと反省も人一倍大きくて、この辺りで俺に対する態度が柔らかく変わってきて、俺の軽い冗談にも笑顔で応えるようになり、まあ、元々容姿の整っている嫁だけに、俺も
「あの冷血女も笑うと可愛いじゃん」
と思うようになって、ちょっといい感じにww
ただ、嫁がこういう余裕のある態度でいられたのは自分が上位にあると確信できていたからで、当時の俺は団体競技の代表を常に務めてきた事で周囲を纏め上げるのは上手かったし、夜の街で年齢を気にせずに友達作ってきた事もあって大人相手の交渉も嫁より余程上手で、最初はその事を素直に評価してきた嫁だったが、だんだんと俺に対する周囲の評価が上がってきて、生徒会の連中や他の生徒が生徒会長である嫁よりも先に俺のところへ相談を持ちかけるようになると、成績や周囲の評価で自分の方が確実に上だと見下してきた相手に、この全国模試××位の自分が劣っているのではという劣等感と嫉妬が距離を生んで、だんだんと怪しい雰囲気になってきた所で悪役登場w
田舎の中途半端な進学校だけあって、大抵の連中は大学進学してたのだけど、それだけに行くところのないような落ちこぼれの3年生は歪んでいた。
嫁のように成績も容姿も良く、口を開けば正論ばかりという優等生は、そこに存在するだけで劣等感を思いっきり刺激するわけですよ。
うちの高校にも躊躇なく人が殴れるというだけで幅を利かせていた3年の4人組がいたのだけど、嫁の性格では、そういう劣等感を粗暴な言動でしか表現出来ない連中はとても許せない汚らわしい存在。
普段から苦々しく思っていたそいつらが屋上に続く階段の踊り場でタバコ吸ってる所を見つけて注意をしていたのだが、売り言葉に買い言葉で段々と言葉がキツくなって注意→詰問→罵倒の形になった辺りで4人組が逆ギレ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【大学生】彼女にしつこく言い寄るイケメン【実話告白】

大学生の頃に経験した修羅場。
サークルは別だけど彼女事(今の嫁)が出来た。
優しい性格で引っ込み思案な感じだが、可愛くて周りからも結構モテてた。
その彼女が、同じサークルの男によく口説かれてるらしく、付き合ってる俺の事を分析しようとして色々聞いてきてるとの事。
俺という彼氏が居るにも関わらず、食事に誘ったり飲みに誘ったり。
挙句の果てには
「別れたりしないの?」
とか言われる始末。
彼女の方は
「食事もついていかないし、飲みは友達達同伴じゃなきゃ絶対行かない」
と言ってくれて安心していたが、事件は起こった。
彼女と同じサークルの友達が
「いつもお前の彼女の近くに密着して喋ってるんだぜアイツ…」
と教えてくれて、もう付きまとわないでくれと直接伝える事にした。
学食に呼び出し、3人で話す事に。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ