【近親相姦】義理の兄との秘密【実話告白】

私は姉夫婦と実家で生活している、未婚で27歳の普通のOLですが、義理の兄と普通でない、秘密が出来てしまいました。
姉が結婚したのは、私が17の時なので、10年になります、今思えばこの頃から、始まっていました。
兄は必要以上に私の部屋に来て、しかもその時は、決まって丈の短い半ズボンで、裾から兄のペニスの先らしきものが、ちらちらと見えていたり、居間でテレビを見たりしている時は、必ず私の斜め隣に座り、兄の方を見ると、その時は半ズボンからペニスが丸見えになっていたので、私は初め、えっ、と思ったけど、気になって、テレビにも集中出来なくなり、兄に気付かれないように、ちらちらと、見てしまうようになり、だんだん兄のペニスに興味を持ち始め、思い出してオナするようになってしまいました。
ある日、姉が外出して、私がテレビゲームをしていたら、兄が部屋に来て、俺にもやらせて、とまたいつものように、半ズボンの裾からペニスの先をはみ出させ、隣に座ると、いつもより大きくなっていたペニスが丸見えになっていたので、私はドキドキしてしまい、ゲームどころではなくなっていました、すると私からは死角になっていたのですが、テレビに反射した兄を見ると、私がゲームに集中していて気付かないと思ったのか、ペニスを私の方に向け見せつけていました、私は振り返る勇気がなく、そのまま気付かない振りをしていましたが、兄は何度もむき出しにして見せつけていました、それ以上は何もなく終わりましたが、その日も思い出してオナして、しまいました。
ある日やはり姉が外出している時に、コタツでテレビを見ていたら、兄も来て一緒に見ていると、たまに足が触れ合いドキドキしていたら、いつの間にか兄が寝てしまい、気付くと兄の足は私の股の間まで伸びてきていて、寝返りするたび、私の股間に触れるので、私は感じてきて、パンティーを濡らしてしまいました、兄のペニスに前から、興味津々だったので、寝てるのを確認し、ドキドキしながら、そっとスウェットの上から触ってしまいました、とうとう私はいけない事をしてしまったと思うとさらに、興奮して直に触れたくなり、そっとスウェットを下ろすと、兄はパンツを穿いていなく、すでにおっきくなっていた、ペニスが目の前に飛び出してきたので、びっくりしたけど、さらに興奮し、じっくり観察しながら、そっと握ってみました、すると自然にだんだん固くなってきたので、起きてしまうと思い、何事もなかったようにしていました。続く

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2018年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【初体験】人妻OLの私と課長の息子【実話告白】

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。
 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。
 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。
 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。私は悠君を一目見て好きになりました。そして、お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。
 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。
 私はやったと思い、家に戻ると下の毛をすべて剃り落とし、ツルツルに仕上げ、ローションやら勝負用の紐パンやらストッキングなどの買いそろえて準備万端して寝床に入りました。そして、その夜に私は悠君と愛し合う恋人同士になった夢を見てしまい、寝ながらオナニーに耽ってました。
 次の日、私は戦闘準備よろしくに化粧をして会社に行き、急いで仕事を片付けて、悠君の元に向いました。昨日から悠君とセックスすることでいっぱいでしたが、頭を冷静にして、防音室のドアを開けるととんでもない光景がありました。何と悠君はズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しにしており、悠君のペニスは反り返っていたのです。悠君は私を見てキョトンとしていましたが、私は悠君のペニスに釘付けです。悠君のペニスは女の子のような綺麗な顔に似合わず、太く長く大きかったのです。夫や部長など問題外です。これ欲しいと思いつつも、私は何をしているのかと悠君に訊ねると、実は昨日からペニスの様子がおかしいので調べていたというのです。よく見ると保健体育の専門書が机の上に乗っていました。
 悠君の話によると昨日、私と話をしているときから、ペニスが途端に大きくなったので体に異変があるのではないかと思い、図書館で保健体育の本を借りてきて、調べていたのだというのであります。私はえっと思いました。私はそれを聞いてすぐに悠君に性の知識がないという事と、悠君が私に欲情していた事実を知り、この絶好の状況に迷わず行動に移りました。
「ねえ、悠君。私がこれが何なのか今夜、教えてあげるわ」
「うん、加奈子さん(私の名前)教えて」
「でも、とりあえず、大きくなったこれを小さくしなくちゃね。ちょっと待ってて」
 私は急いでロッカーから野外セックスを想定したグッズを入れたポーチを持って防音室に戻り、しっかりと鍵を掛けました。悠君はじっと私が来るのを待っていてくれてました。もちろん、ペニスは反り返ったままです。
「じゃあ、これを小さくする準備するわね」
 私はそういうと来ている服を脱ぎ始めました。
「え、加奈子さん、ちょっと待って」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2017年12月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【風俗】過去に女房がヤクザの奴隷【実話告白】

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。
だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。
数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ
と言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして
いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。
(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・)
女房は酒好きでだらしがない。
酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると
一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。
残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、
そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)
当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)
昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。
ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。
ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【職場】宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした 続続編【実話告白】

前編は以下のとおり

しっかりとした黒さのビラを広げてクリを舐めると、
ピクピクと反応し声は出ないが吐息が漏れてきたので挿入。

抱き着いて「中に出させて」と言ってみる。
「(部下)出すときは名前を呼んでくれると嬉しいです」。

ゆっくりと動かして中の感触や締まり具合を堪能し、
徐々に速く動かす。

若いが締まりは普通だと思う。
すぐに出そうになったので対面座位でディープキス。

部下が密着させたまま腰を動かす。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2017年1月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【職場】宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした【実話告白】

50代なんだか20代前半の部下とやっちまった。
彼氏は社内にいる。

反省しても遅いが困った。部下は後悔してないようで、
また行こうと誘うのを断るのも大変気を使う。

久々の若い娘だった。 普段は凛とした人。
体じゅう観察させてもらった。

飲み過ぎで中折れしたら、ゴム外してフェラ後
自分で入れてきた。

当然そのまま出したが、それも後悔してるんだよね。

スペックは身長158でBカップ。男性経験は俺で7人目。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2017年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【職場】宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

部下のアパートで2発。
1回目は中折れ無し。
やっぱり若くて可愛い娘だと違うね。

2回目はケツの穴見ながらどくどく注入した。

部下のアパートから出社。
彼氏からのモーニングコールで起床した部下に、
着る服を着せたり脱がしたりして、陰毛や乳首の位置を記憶する。

勃起してしまったので朝は勘弁して、という部下に立ちバック。
中だしはやめて下さいと言うので振り向かせて口に発射。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2016年12月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【出会い系】初めて知り合った女と生でH → 俺 【実話告白】

彼女「え、はあ?!ちょ、なにしてんの?」

俺「いや、あの、そn」

彼女「妊娠したらどうすんのよ!?」

どうしよう・・・
お前ら助けてください。

<>3:名無しさん2014/04/23(水)22:47:07ID:ZLB2437TX<>
パパやっと見つけた

<>4:名無しさん2014/04/23(水)22:47:11ID:L4xbZFf2c<>
出したって言ってもほんの少しだし、ドップリだしたわけじゃないから大丈夫だよな!?

実話告白体験談関連タグ

|||||

2016年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】女とイチャイチャしたいなら来い 【実話告白】

:<>1:2013/11/03(火)12:03:20.29ID:4YECM18D0<>
出会い系にうんざりしてるやつに見ていってほしい。
てか見てる人いるかな。

<>2:気まぐれ774さん:2013/11/03(火)12:05:16.83ID:i4USvNhDO<>
いるで

<>3:気まぐれ774さん:2013/11/03(火)12:05:22.01ID:BjSTATRS0<>
語ってみろ

<>4:1:2013/11/03(火)12:06:33.55ID:4YECM18D0<>
よしいるな。
じゃあそもそも出会える系って何ぞっていう話からするか。

<>5:1:2013/11/03(火)12:07:45.62ID:4YECM18D0<>

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2016年1月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】20歳の家出娘とヤリまくった結果www 【実話告白】

<>1:名前は未だ無い:投稿日:2014年11月12日17:14:18.42ID:rilMEUoW0<>
部屋に居座られてんだけどどうすればいいのこれ?

<>2:名前は未だ無い:投稿日:2014年11月12日17:17:35.29ID:zYQX9nGf0<>
という夢を見たんだ

<>3:名前は未だ無い:投稿日:2014年11月12日17:19:44.38ID:72Zspuv60<>
氏ね

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2016年1月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】付き合っていたOLを目の前で単独男性に抱かせた【実話告白】

付き合っていたOLを、オレの見ている前で、
以前知り合った単独男性に抱かせた。

カノジョは21歳、色白でM嗜好の強い子だった。

オレは昔から寝取られ願望があり、
自分の愛するカノジョが自分の目の前で他のオトコに
激しくセックスされて、イカされてしまうのを見るのが好きだった。

付き合って半年位、その間オレの性癖を繰り返して話し、
オレの目の前で他の人に抱かれて欲しいと頼み続けた。

カノジョはしぶしぶながらも一応承諾してくれた。
早速、昔一緒に遊んだ単独男性のXさんに連絡を取り、お招きした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年12月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 10512345...102030...最後 »

このページの先頭へ