【フェラチオ】某SNSがキッカケで同級生と再会し、ネカフェでフェラしてもらった【実話告白】

たかさん(30代)からの投稿
—-
某SNSで同級生を見つけた。
子供の頃一緒に遊んだ記憶はほとんどないが、確かスラッと背が高く明るい子だったはず。
名前はカオル(仮名)。
メールを送ると1週間経ってから返信があった。
それからぽつぽつメールするようになったが、次第にメールの頻度が増えた。
2ヶ月経つ頃には1日何十通もやり取りしていた。
日々やり取りする内に、何でもさらけ出せる仲になっていた。
カオルは中学卒業後、高専へ進学していたがそこで旦那さんに出会ったらしい。
卒業後、奇しくも旦那さんと同じ会社に入社し、そして結婚したとの事。
だがなかなか子宝に恵まれないのが悩みで、不妊治療を行っていた。
一方俺は妻とデキ婚をしていて、当時セックスレスで真剣に悩んでいた。
こうしてお互いの境遇を語り合ううち、自然とエッチの話しも盛り上がるようになってきた。
俺は彼女をモノにしようと積極的に誘ったが、なかなか会うまでには至らない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】勉強教えてくれるお礼と言ってフェラしてきた年下のJK【実話告白】

僕:23歳、都内某大学院生、1人暮らし、バイトは塾講師。
ミサ:18歳、都内の高3生(受験生)、153cm、細身体型(Cカップ位)、顔は安倍麻美似のロリ系。
とあるSNSを利用して少し経った頃、その日は突然やってきました。
去年の12月初旬、自分の日記にコメントを残していった人がいて、足跡を辿ってみると全く知らない18歳でした。
なぜ自分の日記に辿りついたのか不思議に思ったものの、お返しに差し障りのないコメントを残しました。
すると、その日のうちにメールが来て、
「塾の先生やってるんですね!私も受験生なんですけど、英語が全然分からないのでいつか教えて下さい!近所に住んでるみたいですし(笑)」
とありました。
『もしかしてJK!?住んでる所が近いからといって、教えないだろう…』
と思いつつも、社交辞令的に
「近所のカフェで勉強してたりするんで、タイミングが合えばどうぞ」
と適当な内容で送り返しました。
すると、間もなくメッセージが返ってきて
「いつ頃いますかー?ほんとに行っちゃおうと思ってるんですけど(笑)」
との事。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ